あなたの管理組合の 管理規約は古くはないですか?

もう20年、30年前それ以上前の管理規約で管理組合を運営されていませんか。

新築マンションだから心配はいらないのでしょうか。

特に新築マンションの場合は、分譲時にあらかじめデベロッパーが設定した

マンション管理規約(原始規約案)を購入した際、書面で規約の承認を得るのが

一般的です。

しかし、一歩立ち止まって考えてください。新しいマンションを購入する心のうきうき

する気持ちは良く理解できますが、今一度契約の署名押印をする前に「管理規約」を

読む時間を持たれてはいかがでしょうか。

つまり、初めは自分たちで定めたものではなく、デベロッパアーや

デベロッパーが指定した管理会社によって策定された管理規約だから、管理会社

にとって好都合な内容や不公正な内容が記載されてあるので注意が必要です。

新規のマンションを購入された場合は、できる限り早く管理組合を組織し、管理規約

に問題がないかどうかをしっかりと精査する必要があります。

国土交通省が作成している「マンション標準管理規約」などを参考にしながら、見直し

をして行くことが重要だと考えます。

あなたの管理組合の管理規約を見直しませんか?  きっと不都合な点などを浮き彫りにさせることができる  国家資格を持つ「マンション管理士」にお任せ下さい。